基本的な説明

ここではいくつかの基本的な機能の説明をします。


※ぼんやりした頭で書いてるのでところどころ文章がおかしいかも。


  • 概要

このゲームは拠点内の建築物を「資源」を消費して建設したり、マザークリスタルによって「研究」したりして、パワーを上げていくゲームです。あるいは兵士を増やして兵力を高めることでプレイヤーとの対戦に備えたり、英雄を強化して魔獣討伐の攻撃力を高めたりします。

建築物を建設する場合は、各建築物ごとのパワーが表示されます。そして、ゲーム画面上部にpowerと書かれたすぐ下に数値が表示されていますが、それが建物や研究、兵士や英雄などのパワーの総合値です。

パワーに影響するものは次の通りです。

英雄(パワーの大半を担う。レベルアップによってパワーが上がります。)
兵士の数
建築物
研究
バリスタ


そして、影響しそうでしない物は次の通りです。

装備
カード
英雄スキル
兵士攻撃力、防御力(これらはプレイヤーを攻撃する際に効果を発揮)

基本的な育成の流れは以下の通りです。

建築物を建設
研究を開始
兵士を訓練
バリスタを製造
兵士を採集に向かわせる
その間に英雄で魔獣を攻撃し、素材や時間短縮アイテムを手に入れる。


  • このゲームの特徴

このゲームでは、英雄のステータスが英雄の移動速度と魔獣攻撃力(%表記)しかありません。
そして魔獣へ対するダメージは、魔獣のHPに対する割合(%)で表わされ、具体的なダメージ数値は表記されません。
また、魔獣から攻撃を受けることはなく、一方的に魔獣を攻撃するのが基本的な流れです。
魔獣への攻撃力、討伐効率を上げるためには、英雄の移動速度と装備などによる攻撃力の強化です。
英雄のレベルや拠点のパワーなどは一切ダメージに関係なく、固定値100%+装備による攻撃力倍率の強化によってダメージアップをはかることができます。攻撃力が%で表記されていますが、何を基準にそのパーセンテージ分上がるのかハッキリとわかりませんが、とりあえず倍率を上げれば上げるほどダメージも伸びるといった認識でいいでしょう。
英雄は一回攻撃するごとに拠点へ戻るので、英雄の移動速度を上げることが効率アップの手段となります。こちらも装備などで増加できます。

また、英雄スキルというものがありますが、これによって魔獣への攻撃にバリエーションが増えるわけではなく、英雄スキルは建設速度を高めたり、英雄の移動速度を高めたりなどのパッシブ効果です。

  • 各種説明

    • 英雄
魔獣を攻撃したり、装備やカードを着用して装備効果を発揮することができます。
また、レベルアップするごとのパワーの上昇量が最も高く、総合パワーの大部分を担っています。
英雄攻撃力によるダメージへの影響の計算はクリユニメモをご覧ください。
※初めに選べる無課金英雄に性能差はありません。後から変更も可能です。英雄変更後も英雄レベルは維持されます。

    • 装備
建設速度、研究速度、訓練速度、兵士攻撃力、英雄移動速度、魔獣攻撃力などをアップするオプションがついています。装備の種類によってどの効果をアップするのかは異なります。これらは英雄に着せることでオプション効果を発揮します。鍛冶屋にて、各装備の必要素材を集めることで作成可能です。
建設と同じように、製造開始から完成するまでに時間がかかります。

    • カード
装備と同じようにオプションがついています。装備に装着し、英雄に着せることで効果を発揮します。
英雄の装備画面から装着可能です。

    • 建設
資源を消費して建築物を建てたりレベルアップしたりします。レベルが上がるにつれ建築時間も伸びます。

    • 研究
装備のように、いろいろな効果をアップします。建設と同じく資源を消費します。マザークリスタルから研究ができます。

    • 資源
画面上部に表示されています。木材、石材、鉱石、食料、魔石があります。
兵士に、マップの各地にある採集場へ採集に向かわせることで獲得できたり、採掘所や農園などの施設を建設することで生産することも可能です。また、英雄による魔獣の攻撃によるドロップや、同盟の贈り物から時々ドロップします。

    • 兵士
訓練によって人数を増やせます。訓練で兵士の攻撃力や防御力が高まるわけではありません。
研究によって上位兵士を開放することが可能です。
兵士一人当たりにパワーが設定されており、1人当たりのパワーが4であれば100人増やすことで400の総合パワーが得られます。
兵士を増やしたり兵士の攻撃力、防御力アップ効果のある装備を英雄に着せることで、城を攻めたり攻められたリする場合の対抗力につながります。
採集に向かわせて資源を集めることもできます。

    • バリスタ
城を攻められた場合に防衛の役割を果たします。拠点にある城壁から製造可能です。これも、兵士と同じように一つ当たりにパワーが設定されています。研究によって上位バリスタを解放できます。

    • 時短アイテム
建築や訓練、研究などの時間を短縮するアイテムです。
クエストのクリアや、同盟の贈り物、魔獣のドロップによって手に入ります。
また、同盟ポイントやゴールドで購入可能です。

    • 魔獣
レベル1~8までの魔獣がいて、レベルが上がるごとに与ダメージが下がります。
魔獣を攻撃する場合にはオーラが必要であり、オーラを消費して魔獣を攻撃します。
オーラ回復アイテムは、同盟の贈り物やクエスト達成などでもらえます。
また、各魔獣レベルごとに必要最大オーラ数値があり、自分の最大オーラ数値を上回る魔獣は攻撃できません。オーラ最大値は装備や英雄のスキル、研究などで上がります。

    • 同盟
いわゆるギルドです。
同盟メンバーが魔獣を討伐することで、同盟画面の「贈り物」にアイテムが贈られるので取得するようにしてください。



  • 同盟に加入したら

同盟メンバーは大体集まって拠点を設置しています。
同じ場所へ行くにはテレポート用のアイテムが必要です。
アイテム→その他と進んで、テレポートアイテムを確認してください。
初期では テレポート テレポート~ランダム~ テレポート~同盟~ この三つがあったと思います。

    • テレポート~同盟~
      同盟のマスターの居る場所へテレポートします。同盟に入ったらまずこれを使って、同盟メンバーの集まっている場所へテレポートするのが基本となります。ですが、「同盟マスターの付近」へテレポートするので、マスターがランダムテレポート中だったりすると思わぬ場所へテレポートしてしまうので、マスターの場所を同盟メンバーに確認してから使用するのがいいでしょう。初回限定のアイテムです。

    • テレポート
      指定した位置にテレポートができるアイテムです。アイテム→ショップ→その他 から購入できます。序盤はそこまで必要はないでしょう。

    • テレポート~ランダム~
      ランダムな位置にテレポートできます。主に周辺に目当ての魔獣がいない場合などに使用します。こちらもショップから購入可能です


  • 同盟に入ってからのルール

    • 他プレイヤーを攻撃する際は細心の注意を
      このゲームでは、他プレイヤーの拠点を攻めることができます。ですが、攻めれば返り討ちに会う可能性も十分にあります。特に、相手が同盟に加入している場合はたとえ相手が弱くても相手の同盟のメンバーから仕返しされることもあり、最悪の場合は自分の同盟メンバーまで被害を受ける場合がありますので、プレイヤーを攻める場合は「メンバーの許可を取ってから攻める」のが暗黙の了解となっています。


  • 魔獣狩りのマナー

魔獣を狩る際は、次の点に注意してください。

    • 魔獣は早い者勝ち
      魔獣は先に攻撃した人に譲りましょう。誰かが攻撃している場合は横殴りは基本的に嫌がられます。ただし応援要請が出ている場合は別です。応援要請が出ている魔獣に関しては横殴りしてもかまいません(むしろ手伝ったほうがいいかも?)が、LA(ラストアタック=とどめ)は最初に攻撃した人に譲るのがマナーとなっています。

    • 応援要請
      応援要請とは、同盟メンバーに魔獣退治の応援メッセージを出すことです。魔獣攻撃画面の右下から応援要請が可能です。同盟メンバーからの応援要請は、画面下のほうのアイコンから確認できます。(黒いお化けみたいな絵のアイコン)

    • 召喚魔獣の攻撃
      魔獣は、まれに魔獣から落ちる召喚アイテムを使って召喚することも可能です。基本的に魔獣は先に攻撃した人に譲るというマナーがありますが、召喚された魔獣に関しては誰も攻撃していなくても、召喚者に譲りましょう。要請が出ている場合は殴っても構いませんが、やはりLAは譲りましょう。召喚された魔獣は、足元に他とは違うエフェクトが出ているので見分けられます。



  • 最終更新:2017-08-29 02:47:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード